大阪の外壁屋根リフォーム会社の選び方


大阪の外壁屋根の特徴

 

1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災から今年で25年が経ちました。

 

震災時に建て替えや大規模な改築を行ったお宅は多いのではないでしょうか?

 

実は屋根や外壁の寿命は、材質やメンテナンスの有無にもよりますが、一般的に20年から30年と言われています。

 

50年持つ外壁はありません。また日本瓦は瓦自体は50年持っても下地が50年持ちません。

 

つまり、家の建て替えのサイクルが50年とすれば、その間に最低1回は外壁の張替え(上張り)や屋根の葺き替えが必要になります。

 

築年数25年の家なら塗装や張替えを一回はされているか、あるいはノーメンテナンスのどちらかになると思います。

 

塗装を一回でもやっていれば、既存外壁の延命に繋がります。もし下地が大丈夫なら再度塗装することでさらに延命することができます。

 

塗料もどんどんいい商品が開発されていて、いずれ耐久性50年の商品も開発されるのではないでしょうか。

 

現在の最高品質の塗料である無機塗料では、製品にもよりますが耐久性は30年といわれています。

 

このひとつ下のグレードのフッ素塗料は20年の寿命と言われます。

 

もちろんこれらの年数は下地の状態や、家の条件にもよります。

 

条件の悪い地域は、雪の多い地域、気温の低い地域、海が近い地域、雨の多い地域があげられます。

 

大阪は湾岸地域でも内海なので、比較的塩害は起こりにくいです。日本海の荒波と比べれば、はるかに条件が良い。(塗料の持ちが良い)

 

リフォームで使用される金属外壁や金属屋根は一般的にアルミと亜鉛の合金であるガルバリウム鋼板(アルミニウム55%,亜鉛約45%の溶融めっき鋼板のこと)が用いられます。

 

ガルバリウム鋼板はアルミ100%の外壁材やステンレス製の屋根と違い年数が経てば錆びます。

 

したがって、海に近い地域では錆びを考慮してフッ素コーティングしているガルバリウム鋼板外壁を使用するか、多少値は張るがアルミの外壁を使用するとよいでしょう。

 

屋根に関しては、金属以外にもスレート瓦(コロニアル・カラーベストともいう)などが軽量で安価な屋根材として利用されています。

 

スレート瓦は定期的なメンテナンスは必要ですが、軽量なので地震対策にもなりますし、古くなったら新しく葺き替えるということもできます。

 

金属屋根も、年数が経てば錆びて穴が開きます。外壁塗装で足場を建てる際に一緒に屋根も塗装することで足場代の節約になります。

 

屋根は下地が痛むと雨漏りの原因にもなりますので、50年は持たないと考え、25年~30年経ったら新しく葺き替えるというのもありだと思います。

大阪の内装水回りリフォーム会社の選び方


大阪の内装水回りリフォームの特徴

 

大阪の気候は穏やかで、台風の直撃や地震が無ければ住宅にとっては非常に条件の良い地域です。

 

しかしながら、都会ゆえの土地不足からか、都市部では家と家が密集していて道路も狭くリフォームする際は大変です。

 

まず、リフォームするには工事業者の車両が何台も停まりますので、駐車場の確保が必要になります。

 

ご近所さんから駐車スペースを借りることができればいいのですが、車を停めるスペースがない場合は、有料のパーキングに停めることになります。

 

工期が一カ月以上の大規模リフォームなら月極駐車場を借りることも考えなければいけません。

 

当然、こうした駐車場の料金はリフォーム代金に含まれるので、リフォームの相場は全国平均より高めになります。

 

また、戸建てではなくマンションにお住いの方も多いので、マンションリフォームの需要も多いです。

 

マンションは戸建てと違い様々な制限があります。

 

まず、マンションには管理組合というのがあり、リフォームを行う場合事前に管理組合に届け出をしないといけません。

 

組合によってルールが甘いところと、規則が厳しく書類の提出や近隣の方の承諾書をもらう必要があったりルールは様々です。

 

両隣と上の階と下の階の了解を得る必要がある場合などは、住人が留守がちで承諾書がもらえないと着工することが出来ません。そんな組合だと本当に苦労させられます。

 

管理組合のルールの厳しさは様々です。

 

そのマンションでリフォームに関するトラブルなどがあると、その度にルールの改定が行われて規則が厳しくなるマンションも存在します。

 

また、マンション特有の構造上の問題というのもありまして、お風呂やキッチンなどで気に入った商品があっても、そもそもサイズが合わないので入らないといったケースも多いです。

 

マンションリフォームを考えている方は、見積りを取る際はマンションリフォームの得意な業者から見積りを取るようにしてください。

 

戸建て住宅が得意な大工や工務店は、鉄筋コンクリート造りに弱い場合がございます。

 

リフォームで失敗しない為に、会社選びは慎重に行いたいものです。

 

大阪のオススメリフォーム会社3社のクチコミ紹介

大阪はリフォーム会社の数が多いので、リフォーム会社は選びたい放題です。

 

山間部や都市部から離れた田舎では多少業者選びで苦労するかもしれませんが、それでも都市部から業者を呼べばいいのでリフォーム会社が見つからないとったことにはならないです。

 

複数社から見積りを取る場合は、一括見積りサービスを利用するといいです。

 

以下、地元の業者にリフォームを依頼する場合のメリットとデメリットです。

メリット
・会社が近所なので呼べばすぐ来てくれる
・地元の業者なのでアフターが期待できる

デメリット
・一社で決めると他社との比較ができない
・相見積りが取りにくい、断りにくい
・商品やプランが希望通りにならないことがある

 

地元の業者に頼む場合でも、ネットの見積り一括サイトから見積りを申し込むことでデメリットを回避できます。

ネットで見積りが最強の理由
・一括見積りサービスを利用し、比較検討できる
・常に価格競争しているので、最安でリフォーム可能
・相見積りを取られることが前提なので断りやすい

 

地元の業者に見積りを依頼した場合、以下の様なパターンで失敗する事があります。
・他から見積りを取られまいと粘られる。返事を急かしてくる。
・相見積りが取りにくい雰囲気になり、断りにくい空気になる。
・凄腕の営業が担当になり相手のペースで話が進み、いつの間にか契約した。
・1社で決めてしまった結果、相場より高い金額で契約した。
・1社で決めてしまった結果、希望とは違うリフォームプランになった。

上記の失敗例は、1社からしか見積りを取らない事で発生する事例です。

つまり、相見積りを取っていればこのような失敗は起こりません。

複数社から見積りを取ることで、金額だけでなく、商品やリフォームの方法などを比較でき、最適なリフォーム会社にリフォームを依頼することができるわけです。

その為に、相見積りを取られることが前提の会社、つまり「一括見積りサイトに登録している会社」に的を絞って見積り依頼することが大切になります。

一括見積りサイトは以下の人気記事の中で紹介していますので参考になれば幸いです。

■人気記事
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選

 

引用:https://gdnavi.com/2020/02/10/リフォームは地元の業者には頼まない方がいい場/

 

【オススメ1】 有限会社ダイシンビルド


所在地:大阪府大東市明美の里町3-4
≫有限会社ダイシンビルド

高断熱・高気密住宅に特化したリフォーム・新築住宅を手掛ける工務店です。
お客様とのお打合せにはとくに時間をかけ、理想の住まいを実現化します。
断熱性や耐震補強、インテリアなどのデザインまで総合的なご提案から施工、アフターメンテナンスまで一貫して対応させて頂いております。 引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/2720/

 

【オススメ2】 株式会社 杉本建装工業


所在地:大阪府堺市西区上206-1
≫株式会社 杉本建装工業

弊社は工事が完了してもお客様とのお付き合いを大切にします。
工事完了後には1ヶ月点検、半年点検を実施します。

私どものしごとは、塗ったら終わりではありません。

工事後もしっかりとサポートし、お客様にご満足・ご納得いただける施工をお届けしています。
安心して工事をおまかせください。 引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/2878/

 

【オススメ3】 株式会社ゆとり


所在地:大阪府大阪市西区九条南4-5-23
≫株式会社ゆとり

私たちは外壁塗装をテクノロジーの時代と考え、提案と工事をしています。
ゆとりは西日本で唯一赤外線カメラを自社保有し、これまで200社以上の建物調査・診断してきた実績があるからこそ、
今までは外壁の調査は、外壁の表面の経年劣化・外壁のクラックなど、
目視だけの調査でしたがゆとりは赤外線カメラで、外壁の中の水分の滞留・結露・モルタルの 剥離など、
外壁の表面だけでなく 外壁の中まで赤外線カメラで調査し、適切な外壁塗装の提案させて頂いています。
赤外線カメラを使い赤外線調査した実績は200件以上 外壁・屋根のの的確なアドバイスが出来るのです。
また雨漏りなどのリフォーム瑕疵保険に加入もできますので、
あなたに安心の外壁塗装を提供することができます。 引用:https://www.refonavi.or.jp/shop/50/

 

 

≫その他の大阪のリフォーム会社はこちらで検索

 

筆者からのリフォーム会社選びのアドバイス



 

以下の人気記事で、一括見積りサイトの紹介をしていますので、ご活用ください。

 

■人気記事 リフォーム会社の一括見積り無料!
≫リフォーム会社一括見積り3選
≫外壁・屋根リフォーム会社一括見積り3選

 

大阪市(おおさかし)
 都島区(みやこじまく)
 福島区(ふくしまく)
 此花区(このはなく)
 西区(にしく)
 港区(みなとく)
 大正区(たいしょうく)
 天王寺区(てんのうじく)
 浪速区(なにわく)
 西淀川区(にしよどがわく)
 東淀川区(ひがしよどがわく)
 東成区(ひがしなりく)
 生野区(いくのく)
 旭区(あさひく)
 城東区(じょうとうく)
 阿倍野区(あべのく)
 住吉区(すみよしく)
 東住吉区(ひがしすみよしく)
 西成区(にしなりく)
 淀川区(よどがわく)
 鶴見区(つるみく)
 住之江区(すみのえく)
 平野区(ひらのく)
 北区(きたく)
 中央区(ちゅうおうく)
堺市(さかいし)
 堺区(さかいく)
 中区(なかく)
 東区(ひがしく)
 西区(にしく)
 南区(みなみく)
 北区(きたく)
 美原区(みはらく)
岸和田市(きしわだし)
豊中市(とよなかし)
池田市(いけだし)
吹田市(すいたし)
泉大津市(いずみおおつし)
高槻市(たかつきし)
貝塚市(かいづかし)
守口市(もりぐちし)
枚方市(ひらかたし)
茨木市(いばらきし)
八尾市(やおし)
泉佐野市(いずみさのし)
富田林市(とんだばやしし)
寝屋川市(ねやがわし)
河内長野市(かわちながのし)
松原市(まつばらし)
大東市(だいとうし)
和泉市(いずみし)
箕面市(みのおし)
柏原市(かしわらし)
羽曳野市(はびきのし)
門真市(かどまし)
摂津市(せっつし)
高石市(たかいしし)
藤井寺市(ふじいでらし)
東大阪市(ひがしおおさかし)
泉南市(せんなんし)
四條畷市(しじょうなわてし)
交野市(かたのし)
大阪狭山市(おおさかさやまし)
阪南市(はんなんし)
島本町(しまもとちょう)
豊能町(とよのちょう)
能勢町(のせちょう)
忠岡町(ただおかちょう)
熊取町(くまとりちょう)
田尻町(たじりちょう)
岬町(みさきちょう)
太子町(たいしちょう)
河南町(かなんちょう)
千早赤阪村(ちはやあかさかむら)

 

※一部の地域では施工エリア外となっている場合がございます。

 

大阪のリフォーム会社の選び方管理人より

 

大阪はリフォームの会社の数も多いので、どの業者にすればいいのか迷いますよね。

 

リフォームで成功する方法は、複数社から見積りを取り、値段やリフォームのプランを比較することだと筆者は考えます。

 

なるべく多くの会社から見積りを取ることで、高い業者は避けることができますし、工事の内容がおかしい会社も気づくことができます。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。